【画像付きで解説】眼底写真撮影が上達する!~知っておくべきたった3つのこと~

今回の内容は、「今は眼底写真撮影が苦手・自信がない、だけど上手くなりたい」という方にぜひ読んで頂きたい内容となっています。

基本となるのは正面視の撮影で、正面視が上手くなると眼底9方向写真蛍光眼底造影検査もどんどん上達していく印象です!

そこで、今回は正面視の眼底写真撮影を行う上で意識すべき3つのポイントを紹介していきます。

※フラッシュ光の調整の目安や、ジョイスティックの押し込みなどについては勉強されていると思いますので、それらの内容は今回は含めずに話を進めていきます。

スポンサーリンク

①中心窩と乳頭の位置関係を意識する!

正面視の撮影時に中心窩視神経乳頭の位置関係を意識すれば良い眼底写真が撮れるようになります。

一般的に、中心窩は、視神経乳頭縁から耳側に約15°、下方に約3°の位置にあるとされている。→つまり、視神経乳頭がやや上に来るように位置合わせをすると以下の写真のように見た目が良い写真が撮れることになります。

良い写真が撮れるだけじゃない!位置を意識するメリット

日々の外来業務で、どんな症例の患者さんに対しても、上記した位置関係を意識して撮影するようにしています。これを意識することで、写真の見た目が良くなる以外にもメリットがあると考えています。

どんなメリットがあるのか?→ 毎回、位置を微調整しているため手技が知らず知らずのうちに向上しており、9方向を撮影する際の微調整もスムーズにでき、自分の撮りたい場所で撮れるようになる。

位置を合わせる上でのワンポイントアドバイス

眼底写真を撮る際、患者さんは観察光の影響でまぶしいです。

まぶしいため、患者さんは眼を閉じようとすることが多いです。

閉じようとすると、ベル(Bell)現象によって眼は上転します。つまり、ピントだけ意識していると以下のような眼底写真になっている場合が多いです。

このように眼球がやや上を向くため、写真全体が下にズレています。

こんな時は、

観察光を下げる両眼を大きく開けるよう声掛けする、それでも難しいときはやや下を向いてもらうなどを行っています。

ここまでが『位置を意識する』という内容の説明になります。

スポンサーリンク

②周辺部の病変も気にかける

上記したように、正面視の位置を意識して撮影していくことで、自分の撮りたい位置で撮影できるようになってきます。

正面視の撮影時に周辺部に気になる病変があればそこも撮るようにしています。→視能訓練士として、医師が診察・診断しやすくなるよう意識して業務に励んでいます。

例を出してみます。

網膜静脈分枝閉塞症(branch retinal vein occlusion, BRVO)の正面視の写真です。下方に出血が見られますが、写真を見て頂くとまだ下方に出血がありそうなことがわかると思います。

こんな時は→ 眼底写真の検査オーダーに指示がなくても、下を向かせて出血の範囲を撮影する!(以下の写真参照)

スポンサーリンク

③どちらの手でも操作できると撮影の幅が広がる

以前、twitterで検査手技を上達させるために利き手以外の手でも検査を行えると良いという投稿しました。眼底写真撮影にも当てはまり、彫りが深い方・瞼が固くなっている方などは瞼が上げにくく、そのような場合は、右眼は左手で挙上、左眼は右手で挙上した方が撮影しやすいです。

利き手でない手を使う際は、眼瞼の挙上よりジョイスティックの操作の方が難しいかなと思います。利き手以外の挙上・ジョイスティックの操作に関しては、回数を重ねるとだんだん上手になりますので、初めは難しいと感じても頑張ってみて下さい。

スポンサーリンク

最後に

今回は眼底写真を撮影する上での3つのポイントについて、紹介をさせて頂きました。

臨床の現場では、広角カメラが導入され始めて、細かいスキルがなくても簡単に眼底写真が撮れるようになってきているかなという感覚があります。

ただ、視能訓練士として、従来の眼底カメラで撮影のポイントは知っておいて損はないと思いましたので、今回の内容を書いてみました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

タイトルとURLをコピーしました