【40代以降】〜老眼の疑問がスッキリ解決!、眼科で働く現役視能訓練士がわかりやすく解説します!〜

*本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

「老眼とは?」についてまとめました!

老眼をしっかり知りたい方はぜひ読んで頂きたいです。すでに理解されている方は復習のような形で読んでみて下さい。老眼の疑問がスッキリすると思います!

この記事では、老眼の解説でよく使われる「焦点が〜」などの用語を一切使用せずに、わかりやすく解説していきます!

目次

【老眼を理解する】2つのポイント!

ポイントは以下の2つです!

  1. 老眼とは、「年齢を重ねてピント合わせの力が弱まってくること」
  2. 普段、ピント合わせの力を使って見ている位置(距離)は老眼の影響を受ける可能性がある!

【気になる疑問】〜何歳から老眼になる?〜

老眼とは、「年齢を重ねてピント合わせの力が弱まってくることと上記しました。

以下の表をご覧ください!

所敬. 現代の眼科学改訂第12版. 金原出版, 2015, 65.を参考に作成。

・調節力→ ピント合わせの力のこと。

表を見て頂くと、年齢を重ねるにつれてピント合わせの力が弱まっていることがわかると思います!

一般的には、40代以降に老眼の影響を受け始めると言われており、70代以上では調節力はほとんど0となります。

あなたはどの距離でピント合わせの力を使っている!?

  • 楽に見ている距離→老顔の影響を受けない!年齢を重ねても見える!
  • ピント合わせの力を使って見ている距離→老眼の影響を受けるので、年齢を重ねるとぼやける可能性がある!

普段、皆さんがどの距離でピント合わせの力を使っているかイメージしてみましょう!

裸眼で遠くがよく見えている人

裸眼で遠くがよく見える人は、

遠くは楽に見えている!中間距離・近くはピント合わせの力を使っている!

つまり、中間距離や近くは老眼の影響を受ける可能性があるということになります!

遠く用の眼鏡・コンタクトを使用した状態もこれにあたります!

裸眼で遠くはぼやけるが、近くはよく見えている人

裸眼で遠くはぼやけるが、近くが見える人は、

近くは楽に見えている!

裸眼で近くを見るときにピント合わせの力を使っていないので、老眼の影響を受けにくいです。つまり、年齢を重ねて、老眼になったとしても近くは見えるということ!

【要注意!】〜裸眼でよく見えていたが、今は遠くも近くもぼやける人〜

元々、裸眼でよく見えていたのに、今は遠くも近くもぼやけるという人は、目の度数が「遠視」の可能性があります。

遠視は、「遠くも近くもピント合わせの力を使って見ている状態」です!

遠くも近くも老眼の影響を受けるので、老眼が始まると、遠くも近くもぼやけてしまいます。

【40代以降】おすすめの老眼対策!

誰にでも老眼はやってきます!その時に、しっかりと対策をすることが大切です。

老眼が始まると、
「普段、ピント合わせの力を使っている位置(距離)は老眼の影響を受けて、ぼやけて見える

ピント合わせの力を助けることが1番の老眼対策となります!

眼鏡・コンタクトで矯正したり、サプリメントで対策をしていきましょう!

眼鏡・コンタクト!

  • 度数を調整する!
  • 遠く用・近く用など用途別に作成する!
  • 遠近両用をはじめとした両用眼鏡を作成する!

サプリメント!

ご自身の持っているピント合わせの力を最大限発揮するためにサプリメントも有効です。

  • 眼科医師と共同開発されたサプリメント!

こちらをクリック!

累計200万袋以上の販売実績があり、眼科医師監修のサプリメントです!

最後に

今回は老眼についてまとめてみました!

一般的に「ぼやけて見える=老眼」というイメージあると思いますが、目の病気が隠れている可能性も考えられますので、心配な時はご自身で判断せずに一度眼科を受診して頂くことをおすすめします。

老眼が気になるという方は、快適な視生活を送れるよう「眼鏡コンタクトサプリメントなどで対策をされてみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次